会社沿革

川島産業株式会社の会社沿革画像

沿革

大正10年9月四日市市 浜田に日進工業日乃出ゴム工業(株)の炭酸カルシウム工場
として発足
大正11年9月四日市市西日野64に工場を新設、日乃出ゴム工業所として創業を開始
工業用ゴム製品、押出し製品、ソリットタイヤ、各種軍需品の製造を開始
昭和17年11月企業整備の為、県内の業者の工業用ゴム製品製造業者を統合し、
日乃出ゴム工業(株)を設立し、四日市市 浜田に工場を開設営業続けて行う
昭和20年6月戦災の為工場が全焼し、偶々幹部者大半応召の為、止むを得ず解散
昭和24年8月ゴム製品の統制解除とともに、川島ゴム工業所と改名し、
四日市市西日野町64にて事業を再興
昭和38年1月名古屋市中村区鳥居道5丁目8番地に営業所を開設
昭和42年3月営業所を川島産業(株)と改称し、独立経営とし、工場も(有)川島ゴム工業所
と改称
昭和52年3月会社新社屋新築・敷地面積 157.94㎡ 建築面積 104.06㎡
延べ面積 367.20㎡ R・C4階建て
平成7年5月資本金を600萬円に増資
平成8年2月資本金を1000萬円に増資
ゴムやプラスチックの工業用製品総合商社。50年以上の実績と知識でお客様にお応えします